子供は、自分でスキー合宿に挑戦しました。

強くたくましく生きて欲しい。それが私たちが望んでいる事です。

子供の将来を心配したり、幸せを願ったり。
誰もが親になれば、自分よりも子供の事を大切に考えるものです。
私たち夫婦もそうです。
一人っ子であることもあり、将来をあれこれ考えては色んなことに挑戦させてきました。
時には厳しすぎるようなことにも積極的に挑戦させてきました。
正直それが良かったと思う時もあれば、可愛そうなことをしたなと思う時もありました。
また、孫を大切に思う姑とぶつかることもあり、私も泣く時がありました。
いつまでも手元に置くことはできません。
いつか世の中に出してやらなければならない。
だから、色んな人の中に入れたり厳しい中で暮らす経験もさせたい私たち。
無理してそんなことをさせたくない姑。
大変だと思う時があったのも事実です。
ただ、子供もいつも私たち夫婦の話を聞いているからなのか、色々挑戦してみたいと思っているようで、自分からやってみたいと言い出した合宿がありました。
スキー合宿で、一週間の間親元を離れての共同生活。
これが、初めての合宿経験でした。
もちろん、心配がないわけではありません。
色々なことを想像して、迷い悩み答えを出したのです。
しかし、一週間はあっという間。
子供はかなり疲れた様子ではありましたが、逞しく大きくなって帰ってきました。
その後、そのまま予約していた温泉宿に宿泊。
いろんな意味で忘れられない良い経験になりました。
あれからは二度と行きたくないと言う子供。
大変なことも多かったようです。

子供が合宿に挑戦

合宿専門の旅行会社
スポーツ・音楽・ゼミ・企業研修他条件にあった合宿施設と宿を無料手配&お見積り!
www.tabiplan.co.jp/

私たちも、一回だけで十分だと思っています。
願うのは、強くたくましく明るく幸せに生きて欲しいということ。
その為に、子供は自らの思いで一歩前に進んだのです。